部屋を片付けることは、過去と片をつけることらしい。

断捨離でもミニマリストでもときめきでも風水でも、みんな、部屋を片付けろっていう。
そして部屋を片付けることは、人生の過去に片をつけることだというのだ。
うまいこという。過去に片をつけて、人生を切り開くのだという。
そしたら今という時間軸が見えてきて、今何をやりたいかが明確になるらしい。
自分と向き合うことになるらしいのだ。ひじょうに示唆的だ。
そして、大切なものだけを残して、あとは捨てろと。ゴミは捨てろと。
なので私も、ガラクタは捨てた。ガラクタでないものは取っておいてる。
今日はベランダのダンボールのゴミと、台所のコップのゴミを捨てた。もう綺麗にもならないやつ。
私は綺麗なコップを複数もっているので、もう必要ないと思って。
今まで十分活躍してくれたので、お礼を言ってさよならした。
ダンボールはただのゴミだった。
それから、風呂も洗った。ちょい運動になったかな?風呂で、ボディソープの量や
シャンプーの量などをしっかりと確認した。