新トップスター音月桂さんのお披露目公演『ロミオとジュリエット』

2011年に宝塚歌劇団雪組で上演された『ロミオとジュリエット』。宝塚大劇場の2011年の幕開き公演でした。また、新トップスター音月桂さんの宝塚大劇場お披露目公演でした。
ロミオを音月さんが演じました。トップ娘役がおらず、ジュリエットは舞羽美海さんと夢華あみさんが役替りで演じました。ロミオの友人のマーキューシオとベンヴォーリオを早霧せいなさんと未涼亜希さんが演じました。ジュリエットのいとこで、ジュリエットに恋をしているティボルトには、緒月遠麻さんが抜擢されました。
ジュリエットの乳母役に男役の沙央くらまさんが選ばれ、伸びやかな歌声を披露しました。抽象的な役どころの死と愛には、彩風咲奈さんと大湖せしるさんが扮しました。
7年目までの若手だけで演じる新人公演では、ロミオを彩風さん、ジュリエットを愛加あゆさんが演じました。愛加あゆさんの姉の夢咲ねねさんは、宝塚歌劇団での初演時にジュリエットを演じていました。acom 借り入れ